季節はいつの間にか夏、桜が咲く頃から始まった混乱が、一区切りを迎え、萌え出る若葉が緑の色合いを深めてきたこの頃です。

日ごとに気温が高まり、草木に生命力が満る、小満。紫陽花の花の芽がにわかに形を成し、来る芒種に向け、膨らみと色合いを整えつつあります。

長谷寺では毎朝、祈りを捧げるための場所である、礼堂内舞台を雑巾でなく、浄巾を使い拭き清めています。その後、周辺の拭き掃除をしています。

この浄巾はご寄付いただいたものを使っており、心ある方々により観音様はますますその威光を輝かせます。

毎年、王者の風格を漂わせ、凛として咲く長谷寺の牡丹ですが、今年は緊急事態宣言を受け、ぼたんまつりを中止といたしました。

それにともない境内に咲く牡丹も、開花時間を短くして今年は終了しました。憂いなく花を楽しんで頂くためにも来年に来られる事をお勧めいたします。

状況ますます厳しくなって来ております。あまり楽観視をされぬよう、十分お気をつけ下さい。
4月5日の読売新聞、13面から始まる#紡ぐプロジェクト の中に長谷寺の観音さまが紹介されていました。

文化庁主任文化財調査官の奥健夫氏が「十一面観音疫病封じ伝説」と題して日本に仏教伝来されての黎明期にすでに十一面観音に疫病平癒を祈願していた事を紹介しています。

そもそも十一面観音の功徳、十種勝利の第一に「離諸疾病」とあり、病気を防ぐ事が最も人々が求め、十一面観音がこの時期に多く作られたようです。また、東大寺の修二会を始め、長谷寺の修二会でも「疫病平癒」のために十一面悔過作法が行われています。

現在は衛生環境も良くなり、流行病で困ることが少なくなりましたが、昔から人々は「疫病」に悩まされていました。そして今、新型コロナウイルスが猛威を奮っています。

『長谷寺縁起文』には長谷観音の建造の話が出てきますが、その中で、高島から流れ出た楠の霊木(観音の原木)が大津の港に止まり、村々に災い(火事や疫病)をもたらしていた。西国を開いた徳道上人がその霊木に目をつけ十一面観音の形を与えると、その災を治めたとしています。

また、『長谷寺験記』に初代の観音様が燃えた際、頂上仏面だけが飛んで境内の棕梠に落ちた。新造の観音様を作ったが疫病が起こり、棕梠に落ちた頂上仏面に差し替えると治ったとしています。

我々はその観音様に毎朝、コロナ禍が治るようご祈願しています。観音慈悲が速疾に顕現するように、「念彼観音力」と何度も何度も...

紡ぐプロジェクト「十一面観音疫病封じ伝説」記事全文

この投稿をInstagramで見る

4月5日の読売新聞、13面から始まる#紡ぐプロジェクト の中に長谷寺の観音さまが紹介されていました。 #長谷寺縁起文 にいわく。災いを成し疫病を流行らせ村々を焼いた荒ぶる霊木は、十一面観音という形を持たせたことによりその災禍が治まったとあります。それ以降も#長谷寺験記 にいわく。#頂上仏面 が疫病を治めたという記録があります。 我々は毎朝の勤行で#コロナ禍 が治るよう祈念しています。 念彼観音力、念彼観音力、念彼観音力 It was introduced in a newspaper that Kannon of @hase_dera was made to stop the epidemic. It can be confirmed in old literature, especially the top face seems to have a remarkable effect. So we #keeppraying every morning. #長谷寺 #奈良長谷寺 #総本山長谷寺 #花の御寺 #奈良 #hasedera #hasederatemple #temple #japan #japanesetraditional #pilgrimage #nara #tourism #sightseeing #japanesetemple #西国 #西国三十三所 #霊場 #巡礼 #四寺巡礼 #長谷寺が好き

奈良 長谷寺 / nara hasedera(@hase_dera)がシェアした投稿 -

今年の桜は3月の中頃から咲き始め、開花が早いなと感じていましたがその後の気温の低下と雨で寒い日が続いていました。そのお陰で桜が長く見ることができています。長谷寺の桜はただいま満開、桜花絢爛としています。

しかし、今年は世界中で新型コロナウィルス感染症が蔓延し、尋常ならざる被害が出ています。また、蔓延防止のため、皆が協力し外出を控えている方も多いことでしょう。

屋内にいると出来ることは限られていますが、「写経」をするのはいかがでしょうか?

長谷寺では観音さまの功徳を説いた観音経の写経をお勧めしています。般若心経の写経より長いですがその分ゆっくりと安定した時間を得られます。写経には多くの功徳があるとされ、古来よりお経を書き写し、その写経を納める納経が行われていました。そしてお寺から納経をした証として帳面に朱印が押され、これが現在の御集印の起源になります。

何かと判断をしなければいけないこの時期、恐怖にかられて間違った判断をしてしまうと他の方に多大な弊害をもたらします。巡り巡って危険な状況なることもあります。そんな時だからこそ落ち着いて正しい判断をしたいものです。一つ基準となる事は「人に伝染さないよう心がける」という事。

その為に、冷静な心持ちを整え、三毒の貪(トン、必要以上に欲しがる気持ち)瞋(ジン、妬みや憎しみ)痴(チ、愚かさ、無知)を抑え、焦る気持ちを鎮めましょう。

ご所望の方は下記の写経申し込みフォームからお申し込みいただけます。観音経用紙1部1000円、初心の方でも出来るようなぞり書きの用紙1枚と見本付き清書用紙2枚が入っています。およそ1枚仕上げるのに2時間程度とお考えください。

写経申し込みフォーム

この投稿をInstagramで見る

美しい桜も雨にそぼち、花散らしの雨となっています。感染症を考え不安な中、外出を控えておる方も多いのではないでしょうか。そのような時に居ながらに#写経 などは如何でしょう? 長谷寺の写経は観音さまの功徳を説いた#観音経 をおすすめしております。初心の方でも書き良いよう、なぞり書きが1枚と手本付きの無地用紙2枚が入っています。 冷静にならなくてはいけない時期、写経で貪・瞋・痴の#三毒 を抑え、心を鎮めましょう。 ご所望の方はIGのメッセージから必要数、送り先とお名前をお知らせください。1部千円になります。 We think many people are at home to prevent the spread of the new coronavirus. If you have the time, write down your sutras and regain your calm. #長谷寺 #奈良長谷寺 #総本山長谷寺 #花の御寺 #奈良 #hasedera #hasederatemple #temple #japan #japanesetraditional #pilgrimage #nara #tourism #sightseeing #japanesetemple #西国 #西国三十三所 #霊場 #巡礼 #四寺巡礼 #長谷寺が好き

奈良 長谷寺 / nara hasedera(@hase_dera)がシェアした投稿 -

枻出版から発売の「日本の聖地」に西国三十三所観音霊場が紹介されています。長谷寺の観音様はその西国観音霊場の根本道場と言われ、西国霊場を草創された徳道上人が開かれたお寺です。その他、神道の霊地などが紹介されており、見応えのある一冊となっています。

image

Instagram 長谷寺を視る

総本山 長谷寺の様々な写真を掲載

Post by Photoglover

長谷寺公式Instagram

初瀬地域情報

Infromation from...

ページトップに戻る