ご来山者各位
 長谷寺境内駐車場から仁王門へ向かう途中にあるトイレについて、老朽と多目的化を考慮して改装することとし、7月末日まで使用不可とさせていただきます。
 ご来山されました方々にはご迷惑をおかけする事になりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

総本山長谷寺
今から約1300年前、播磨国揖保郡矢田部村出身の徳道上人が、琵琶湖のほとりで祟りをなす霊木を用いて十一面観音を刻み、長谷寺の本尊としました。

時を経て、その観音像は焼失と再興を繰り返し大きくなります。人々の願いを叶え、慈悲を施すために。

現在公開中の大観音大画軸は再興をする時の観音様の設計図だったと伝わります。江戸期に彩色が成され、掛け軸の形に整えられました。

その大観音大画軸大開帳も残すところあとわずかとなりました。この機会に圧倒的な大きさの観音様を観じてみてください。

馥郁とした香りが立ち込めてきた長谷寺の境内、牡丹がそここに咲き始めており、室生寺では石楠花が綺麗に咲いているそうです。

その二ヵ寺を結ぶ奈良交通の臨時バスが今年も運行されます。4月21日22日及び28日から5月6日の土日祝日になります。

時刻は奈良交通のHPから確認してください。→→室生寺⇄長谷寺

また、今年は近鉄長谷寺駅から長谷寺を結ぶ、臨時バスも運行されます。日にちは上記と同じ日程、時間は下記を参照してください。

長谷寺駅発
?9:30 ?10:30 ?11:30 ?13:30 ?14:30
長谷寺(長谷寺境内駐車場)発
?10:00 ?11:00 ?12:00 ?14:00 ?15:00

この機会に是非ご利用ください。
本日14日から「ぼたんまつり」が始まります。ちょうど牡丹の花も咲き始め、華やかな時期を迎えようとしています。

そして明日は西国三十三所草創一三〇〇年記念大法要です。

ちょうど1300年前の養老二年、徳道上人が冥府に趣き閻魔大王より宝印と記文を授かり観音慈悲の力を世に広げることを託された年です。

その2年後の養老四年に徳道上人は長谷寺の御本尊十一面観世音菩薩を作ることを発願し、西国霊場の礎を着実に築かれていったのです。
 
また、草創1300年を迎えたことを機に、 4月15日(良いご縁)を、「日本巡礼文化の日」記念日に制定しました。

その「日本巡礼文化の日」の年中行事として、今年は西国三十三所札所会 会長 石山寺 鷲尾遍隆座主 直筆の「観音力」が揮毫された「特別散華」を、33寺院で合計33,000枚授与します。

三十三所各寺院でお参りし、納経をしていただいた方を対象に、先着1,000名に授与されます。尚、記念散華は各寺院とも無くなり次第、授与終了となります。

西国三十三所草創1300年特設サイト

西国三十三所草創1300年記念大法要に際してのお願い


お陰様で、たくさんの方にツアーを申し込んで頂きました。そうしたところ、キャンセル待ちの方が多数出てしまい、急遽4/8にツアーを増設いたしました。

7日、8日の2日間に渡りますので都合の良い日を選んで頂けそうなので、一度「やまとびとツアーズ」さんにご相談してみてください。

やまとびとツアーズ

Instagram 長谷寺を視る

総本山 長谷寺の様々な写真を掲載

Post by Photoglover

初瀬地域情報

Infromation from...

ページトップに戻る