朝日新聞出版より発売の「今行きたい!日本の絶景大辞典1000」に長谷寺(P288)が選ばれています。これは全国の絶景と食べ物を1000箇所を選び写真掲載しています。文字で見るのではなく写真で見る辞典となっており、行ったような気分になれますので、楽しんでいただけるのではないでしょうか。

image
小学館から発売の「サライ」に長谷寺(P46)が紹介されています。大和四寺巡礼として4ヶ寺が紹介されており、他にも奈良の古仏古寺の紹介がされています。

image
なら文化交流機構から発売の月刊大和路「ならら」に長谷寺(P34)が紹介されています。長谷寺のある初瀬は記紀万葉の時代から霊地として知られ、現代でいうパワースポットである事がわかる記事となっています。他にももうすぐ始まる「正倉院展」の紹介もあります。

image
洋泉社から発売の「京都奈良古寺めぐり案内」で長谷寺(P194)が紹介されています。単行本サイズの案内書で見やすく、各寺院を紹介されていますので、古寺好きの方には持ち運べて便利に使っていただけるのではないでしょうか。

image
奈良国立博物館より出版の「いのりの世界のどうぶつえん」に長谷寺の寺宝の牡丹鴛鴦八稜鏡(P69)と金亀舎利塔(P86)が掲載されています。7月13日から9月8日まで奈良国立博物館で「いのりの世界のどうぶつえん」展が行われておりそれに合わせての出版です。この牡丹鴛鴦八稜鏡は長谷観音の霊験集の『長谷寺験記』にある新羅王の王妃が災難を長谷観音の霊験により免れた際、お礼として長谷寺に奉納した大鏡だと伝わります。そこには牡丹とオシドリがペアでレリーフされ、王と王妃の仲をオシドリで表してるようです。また金亀舎利塔は師の冥福のために弟子たちが豊山勧学院に納めたとあります。曼荼羅や絵図に描かれた動物に視点を置いたユニークな展示となっており、お子さんと一緒に楽しんでいただけるのではないでしょうか。長谷寺の寺宝金亀舎利塔は亀の目ヂカラが素敵ですよ。

奈良国立博物館
いのりの世界のどうぶつえん

Instagram 長谷寺を視る

総本山 長谷寺の様々な写真を掲載

Post by Photoglover

長谷寺公式Instagram

初瀬地域情報

Infromation from...

ページトップに戻る