長谷寺便り

前の記事 1/2/ 次の記事

大阪の阿倍野にある「あべのハルカス美術館」で『長谷寺の名宝と十一面観音の信仰』展を開催いたします。

長谷寺に伝わる宝物と長谷寺十一面観音信仰の一部を見ていただけます。

詳しくはこちら

26日の状況になります。

大きな銀杏の木がありますが、これは玉鬘の大銀杏と呼ばれている銀杏の木です。

源氏物語に出てくる、「玉鬘」の庵がこの近くに有ったと言われています。

この銀杏が長谷寺の紅葉の目安です。少し黄色く色着き始めました。


今年もアサギマダラがやってきました。

この蝶は遠く台湾のあたりから長距離を移動する蝶として有名です。

アサギマダラが好んで蜜を吸うフジバカマを境内整備にともない植え替えたのですが、

心配をよそにひらひらと小春日和の中を舞っていました。



色合い的にチョコミントですね。

場所は、本堂から下って開山堂の向かい、嵐の坂を登りきったところにフジバカマが咲いています。

今月末頃までご覧いただけると思います。

そして、今年の紅葉の色づきが気になるところですが、まだ先のようです。

あと半月といったところでしょうか。

前の記事 1/2/ 次の記事