長谷寺便り

前の記事 1/2/3/4/5/6/7/...48 次の記事

昨年より開始した「長谷寺インスタグラム」ですが、大変好評を得ておりありがたいことです。そのインスタグラムのポストカードを作ってみました。

長谷寺インスタグラム風のレイアウトで、一文を添えることができるスペースを作りました。季節の写真とともに相手に気持ちを乗せて送っていただけるのではないかと思います。

また、12月26日から翌年1月10日(元旦除く)に新宿の東急ハンズ2Fで「ハンズであれこれ福あつめ」を開催し、そこで長谷寺のお土産を置くことになりました。

そのブースに「長谷寺インスタグラム風ポストカード」も置くことになりましたので、関東にお住いの方にはお求めやすくなっております。

他にも奈良の物品類がたくさん出るのでお近くの方には是非、奈良を知っていただければ幸いに存じます。


早いもので師走も半ばを過ぎました。長谷寺では牡丹が咲き、藁の薦で雪囲いを被せて寒さへの養生をしています。

本坊の前と登廊に咲いていますので、寒空に咲いた牡丹の花の温もりを感じていただきたいと思います。

また、12月31日の大晦日には恒例の万灯会も開催いたしますので、この牡丹と共に楽しんでいただけます。

注記:過去に記載した「冬ぼたん」の表記については、訂正いたしました。

本日をもちましても「みじまつり」最終日です。それと同時に特別拝観、寺宝展も終了となります。今期もたくさんの方にご参拝を頂きました。

今年の紅葉は総じて綺麗な色付きだったのではないでしょうか?投稿されたSNS等を見ると、皆さんおもいおもいの楽しみ方で長谷寺を参拝されていたのだと推察されます。

楽しい投稿がたくさんあり、見ているこちらもその喜びが伝わってきました。有難うございます。

さて、次回の春の予定ですが、特別拝観、寺宝展共に3月1日から6月30日となります。3月には「紀貫之の梅」や椿。下旬から4月中旬にかけて桜が山を彩り、下旬から5月上旬には優雅な牡丹が咲きます。

それと同時に山の木々に青葉が芽吹き、活き活きとした長谷寺へと生まれ変わります。赤い若葉の猩々野村が本坊の廊下の奥に綺麗に映える時期でもあります。

また、来年は西国草創1300年の年、本尊十一面の設計図とも言われる16mの掛け軸を本坊で公開いたします。大観音大画軸大開帳、大きな掛け軸を見ることができる好機となり、猩々野村の赤々とした葉を中に入って見ることもできます。

期間は3月1日から5月31日まで、この時だけのご朱印もありますので、是非お立ち寄りください。

前の記事 1/2/3/4/5/6/7/...48 次の記事