長谷寺の名宝と十一面観音の信仰

ボックスの下枠

あべのハルカス美術館

本チラシ

長谷寺の名宝と十一面観音の信仰

来年2月6日から3月27日まで、大阪の阿倍野にある「あべのハルカス美術館」において『長谷寺の名宝と十一面観音の信仰』展を開催いたします。

その昔、長谷寺の観音信仰は全国に広がり、観音信仰の根本霊場となりました。全国に「長谷寺」と号する寺院は二百数十ヶ寺ありますが、いづれも十一面観音さまをご本尊としています。

今回は近畿にある「長谷寺型十一面観音」さまに出展していただき、総本山長谷寺のご本尊の脇侍である「難陀竜王像」と「雨宝童子像」が初めて初瀬の地をはなれ、出展いたします。また、声明や法話といった企画も開催いたしますので、ご確認ください。

十一面観音さまの信仰を垣間見れる展示会となっていますので、是非この機会にお越しいただければと思います。


あべのハルカス美術館

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

ボックスの下枠

お問い合わせはこちら