本当のわらしべ長者のお話

ボックスの下枠

九六 長谷寺参籠男預利生事(はせでらさんろうのをのこりしやうにあづかること)巻七・五

今は昔、父母(ぶも)、主(しう)もなく、妻も子もなくて、
只一人ある青侍ありけり。
すべき方もなかりければ、「観音たすけ給へ」とて長谷(はせ)にまいゐりて、御前にうつぶし伏(ふし)て申けるやう、「此世にかくてあるべくは、やがて、此御前にて干死(ひじに)に死なん。 もし又、をおのづからなる便(たより)もあるべくは、 そのよしの夢を見ざらんかぎりは出(いづ)まじ」とて、うつぶし臥(ふ)したりけるを、寺の僧見て 「こは、いかなる者の、かくては候ぞ。
物食(くふ)所も見えず。

かくうつぶし臥したれば、 寺のため、けがらひいできて、大事に成なん。 誰を師にはしたるぞ。いづくにてか物は食ふ」 など問ひければ、「かくたよりなき物は、師もいかでか侍らん。物食(く)ぶる所もなく、 あはれと申人もなければ、仏の給はん物を食(た)べて、仏を師とたのみ奉て候也」 とこたへければ、寺の僧ども集まりて、「此事、いとゞ不便(ふびん)の事也。 寺のために悪しかりなん。観音をかこち申人にこそあんなれ。是(これ)集まりて、 養(やしな)ひてさぶらはせん」とてかはるがはる物を食(く)はせければ、もてくる物を食ひつゝ、 御前を立去(さ)らず候ける程に、三七日(さんしちにち)に成にけり。
三七日はてて、明(あけ)んとする夜の夢に、御帳(みちょう)より人の出(い)でて、 「此おのこ、 前世の罪のむくひをば知らで、観音をかこち申て、かくて候事、いとあやしき事也。 さはあれども、申事のいとおしければ、いさゝかの事、はからひ給りぬ。先(まづ)、すみやかにまかり 出(いづ)んに、なににてもあれ、手にあたらん物を取て、捨ずして持ちたれ。とくとくあかり 出(いで)よ」と追はるゝと見て、はい起きて、約束の僧のがりゆきて、物うち食てまかり出ける程に、 大門(だいもん)にてけつまづきて、うつぶしに倒(たを)れにけり。

起きあがりたるに、あるにもあらず、手ににぎられたる物を見れば、藁(わら)すべといふ物を たゞ一筋にぎられたり。「仏の賜(た)ぶ物にて有(ある)にやあらん」と、いとはかなく思へども、 仏のはからせ給やうあらんと思て、これを手まさぐりにしつゝ行程に、虻一(あぶひとつ)ぶめきて、 かほのめぐりに有を、うるさければ、木の枝を折りて払(はらひ)捨(す)つれども、猶たゞ同じやうに、 うるさくぶめきければ、とらへて腰をこの藁(わら)すぢにてひきくゝりて、杖のさきにつけて 持たりければ、腰をくゝられて、ほかへはえ行かで、ぶめき飛まはりけるを、長谷にまいりける女車の、 前の簾をうちかづきてゐたる児(ちご)の、いとうつくしげなるが、「あの男の持ちたる物はなにぞ。かれ乞(こ)ひて、我に賜(た)べ」と、馬に乗てともにある侍(さぶらひ)にいひければ その侍、「その持たる物、若公(わかぎみ)の召(め)すに参らせよ」といひければ、 「仏の賜(た)びたる物に候へど、かく仰事候へば、参らせて候はん」とて、とらせたりけば、 「此男、いとあはれなる男也。若公の召す物を、やすく参らせたる事」といひて、大柑子を、 「これ、喉(のど)かはくらん、食(た)べよ」とて、三(みつ)、いとかうばしき陸奥国紙(みちのくにかみ)に 包(つつみ)てとらせたりければ、侍、とりつたへてとらす。
「藁一筋が、大柑子三(みつ)になりぬる事」と思て、木の枝にゆい付て、肩にうちてかけて行ほどに、 「ゆゑある人の忍てまいるよ」と見えて、侍などあまた具(ぐ)して、かちよりまいる女房の、 歩(あゆ)み困(こう)じて、たゞたりにたりゐたるが、「喉のかはけば、水飲ませよ」とて、 消え入やうにすれば、ともの人、手まどひをして、「近く水やある」と走さはぎもとむれど、 水もなし。

「こはいかゞせんずる。御旅籠(はたご)馬にや、もしある」と問へど、 はるかにをくれたりとて見ず。ほとほとしきさまに見ゆれば、まことにさはぎまどひて、しあつかふを見て、「喉かはきてさはぐ人よ」と見ければ、やはら歩(あゆ)み寄りたるに、 「こゝなる男こそ、水のあり所は知りたるらめ。此辺(あたり)近く、水の清(きよ)き所やある」 と問ければ、「此四五町がうちには清き水候はじ。いかなる事の候にか」と問ひければ、「歩み困(こう)ぜさせ給て、御喉のかはかせ給て、水ほしがらせ給に、水のなきが大事なれば、 たづぬるぞ」といひければ、不便(ふびん)に候(さぶらふ) 御事かな。水の所は遠(とほく)て、汲(くみ)て参らば、程へ候なん。これはいかゞ」とて、つゝみたる柑子を、三ながらとらせたりけ れば、悦さはぎて食はせたれば、 それを食て、やうやう目を見あけて、「こは、いかなりつる事ぞ」 といふ。
御喉かはかせ給て、「水飲ませよ」とおほせられつるまゝに、御殿籠(とのごも)り 入(い)らせ給つれば、水もとめ候つれども、清き水も候はざりつるに、こゝに候男(さぶらふ)の、 思かけるに、その心を得て、この柑子を三(みつ)、奉(たてまつ)りたりつれば、 参らせたるなりといふに、此女房、「我はさは、喉(のど)かはきて、絶入たりけるにこそ有けれ。 「水飲ませよ」といひつる斗(ばかり)はおぼゆれど、其後の事は露おぼえず。 此柑子えざらましかば、此野中にて消え入なまし。うれしかりける男かな。此男、いまだあるか」 と問へば、「かしこに候」と申。
「その男、しばしあれといへ。いみじからん事ありとも、 絶え入はてなば、かひなくてこそやみなまし。男のうれしと思ふばかりの事は、かゝる旅にては、 いかゞせんずるぞ。食ひ物は持ちて来たるか。食はせてやれ」といへば、「あの男、しばし候へ。 御旅籠(はたご)馬など参りたらんに、物など食てまかれ」といへば、「うけ給(たまはり)ぬ」とて、 ゐたるほどに、旅籠(はたご)馬、皮籠(かはご)馬など「など、かくはるかにをくれて は参るぞ。御旅籠(はたご)馬などは、つねにさきだつこそよけれ。とみの事などもあるに、 かくをくるゝはよき事かは」などいひて、やがて幔引(まんひ)き、畳(たたみ)など敷(し)きて、 「水遠かんなれど、困(こう)ぜさせ給たれば、召(め)し物は、こゝにて参らすべき也」とて、夫(ぶ) どもやりなどして、水汲ませ、食物しいだしたれば、此男に、清(きよ)げにして、 食はせたり。
物を食ふ々、「ありつる柑子、なににかならんずらん。観音はからはせ給事なれば、 よもむなしくてはやまじ」と思ゐたる程に、白くよき布を三匹取(むらと)り出でて、 「これ、あの男に取らせよ。此柑子の喜(よろこび)は、いひつくすべき方もなけれども、 かゝる旅の道にては、うれしと思ふ斗(ばかり)の事はいかゞせん。これはたゞ、心ざしのはじめを、 見する也。京のおはしまし所は、そこそこになん。必ず参れ。此柑子の喜をばせんずるぞ」といひて、 布三匹取(むらと)らせたれば、悦て布を取りて、「藁筋(わらすぢ)一筋が、布三匹(むら)になりぬる 事」と思て、腋(わき)にはさみてまかる程に其日は暮にけり。
道づらなる人の家にとゞまりて、明ぬれば鳥とともに起きて行程に、日さしあがりて辰の時ばかりに、 えもいはず良き馬に乗りたる人、此馬を愛しつゝ、道も行きやらず、ふるまはするほどに、 「まことにえもいはぬ馬かな。これをぞ千貫がけなどはいふにやあらん」と見るほどに、 此馬にはかにたうれて、ただ死にに死ぬれば、主、我にもあらぬけしきにて、下(お)りて立ゐたり。 手まどひして、従者どもも、鞍下(お)ろしなどして、「いかがせんずる」といへども、 かひなく死にはてぬれば、手を打ち、あさましがり、泣(なき)ぬばかりに思ひたれど、 すべき方なくて、あやしの馬のあるに乗ぬ。
「かくてここにありとも、すべきやうなし。我等は去(い)なん。これ、ともかく もして引き隠(かく)せ」とて、下種男(げすおとこ)を一人とどめて、去(い)ぬれば、此男見て、 「此馬、わが馬にならんとて死ぬるにこそあんめれ。藁一筋(すぢ)柑子三になりぬ。 柑子三が布三匹(むら)になりたり。此布(ぬの)の、馬になるべきなめり」と思て、歩み寄りて、 此下種(げす)男にいふやう、「こは、いかなりつる馬ぞ」と問ひければ、睦奥国(みちのくに)より えさせ給へる馬なり。よろづの人のほしがりて、あたいも限(かぎ)らず買(かは)んと申つるをも 惜しみて、放(はな)ち給はずして、今日かく死ぬれば、そのあたい、少分をもとらせ給はずなりぬ。 おのれも、皮をだにはがばやと思へど、旅にてはいかがすべきと思て、まもり立(たち)て侍なり といひければ、「その事也。いみじき御馬かなと見侍りつるに、はかなくかく死ぬる事、 命ある物はあさましき事也。まことに、旅にては、皮はぎ給たりとも、え干(ほ)し給はじ。 おのれは此辺(このあたり)に侍れば、皮はぎてつかひ侍らん。得(え)させておはしね」 とて、此布を一匹(むら)とらせたれば、男、思はずなる所得したりと思て、 思ひもぞかへすとや思ふらん、布をとるままに、見だにもかへらず走り去(い)ぬ。
男、よくやりはてて後、手かきあらひて、長谷(はせ)の御方のむかひて、 「此馬、生(い)けて給はらん」と念じゐたる程に、この馬、目を見あくるままに、 頭をもたげて、起きんとしければ、やはら手をかけて起こしぬ。うれしき事限なし。 「をくれて来る人もぞある。又、ありつる男もぞ来る」など、あやうくおぼえければ、 やうやうかくれの方(かた)に引入て、時移(うつ)るまでやすめて、もとのやうに心地も なりにければ、人のもとに引もて行て、その布一匹(むら)して、轡(くつわ)やあやしの鞍にかへて馬乗ぬ。
京ざまに上(のぼ)る程に、宇治わたりにて日暮(く)れにければ、その夜は人のもとにとまりて、 今一匹(むら)の布して、馬の草、わが食物(くひもの)などにかへて、その夜はとまりて、 つとめていととく、京ざまにのぼりければ、九条わたりなる人の家に、物へ行かんずるやうにて、 立さはぐ所あり。
「此馬、京に率(い)て行たらんに、見知りたる人ありて、盗(ぬす)みたるか などいはれんもよしなし。やはら、これを売てばや」と思て、「かやうの所に、馬など用なる物 ぞかし」とて下(お)り立て、寄りて、「もし馬などや買せ給ふ」と問ひければ、馬がなと思ける ほどにて、此馬を見て、「いかゞせん」とさはぎて、「只今、かはり絹などはなきを、 この鳥羽の田や米などにはかへてんや」といひければ、「中々、絹(きぬ)よりは第一の事也」 と思て、「絹や銭などこそ用には侍れ。おのれは旅なれば、田ならば何にかはせんずると 思給ふれど、馬の御用あるべくは、たゞ仰にこそしたがはめ」といへば、此馬に乗り心み、 馳(は)せなどして、「たゞ、思つるさま也」といひて、此鳥羽の近き田三町、稲すこし、 米などとらせて、やがて此家をあづけて、「おのれ、もし命ありて帰のぼりたらば、 その時、返し得(え)させ給へ。のぼらざらんかぎりは、かくて居(ゐ)給へれ。 もし又、命たえて、なくもなりなば、やがてわが家にして居給へ。子も侍らねば、 とかく申人もよも侍らじ」といひて、あづけて、やがて下(くだ)りにければ、その家に入居て、 みたりける。

米、稲など取をきて、たゞひとりなりけれど、食物ありければ、かたはら、そのへんなりける下種(げす)などいできて、つかはれなどして、たゞありつきに、居つきにけり。
二月斗の事なりければ、その得たりける田を、半(なか)らか人に作らせ、今半(なか)らは我 料(れう)に作 らせたりけるが、人の方(かた)のもよけれども、それは世の常にて、 おのれが分とて作たるは、ことのほか多くいできたりければ、稲おほく刈をきて、 それよりうちはじめ、風の吹つくるやうに徳つきて、いみじき徳(とく)人にてぞありける。その家あるじも、音せずなりにければ、其家も我物にして、子孫などいできて、ことのほかに栄(さか)へたりけるとか。

ボックスの下枠